2021年1月1日(金)

コラム

YELL~あなたへの応援歌~ 2021Track.1『一富士二鷹三茄子、掛け算で尖りまくって初夢を正夢にしよう』

2021年、令和3年が始まりました。
新しい年がとにかく健やかにそして穏やかに、でも活気ある元気な年になることを祈って止みません。

月並みですが今回のコラムには去年の回顧録から今年の抱負を書き認めたいと思います。

昨年は自分自身も罹患し、業績も下降してまさにコロナ禍に巻き込まれた1年でした。
本来ならば意気揚々と新しいビジネスを始動していて、春には大きく歩みだしているはずでした。
きっと神様や親父が『ちょっと待っとけ、行き急いでないか』って注文が付いたのでしょう。
そう思うことにしています(笑)

でもコロナも完治して臨んだセカンドキャリア支援は、今までのうっ憤を晴らすかのような集中力で臨み、様々な経験を重ねて、日々勉強になりました。
10月17日から31日までの短期間で12球団にセミナーに歩きました。
一昨年は「まずは経験をする」が目標でしたが、昨年はカウンセリングをして「成果を出す」にこだわりました。
約80名の選手に連絡を取り、52名の選手とやり取りをし、22名の選手のカウンセリングを行いました。
ブランディングの勉強と回を重ねたセミナーの実践、コーチングの実体験が自分自身をもうヒト伸びさせてくれて、明らかにスキルが上がってきたと感じました。
年末まで数名の選手とまだまだ色濃いやりとりを重ねて、どうやら「成果を出す」の目標はクリアできそうです。

一連の経験を経て、今年は人材紹介業の免許を取得する予定です。
セカンドキャリアセミナーの始まるであろう10月までには態勢を整える予定です。
私はどうやら『繋ぐ』という仕事には向いているのか、好きなのか、気持ちが入ります。
社名も虹、架け橋?ですから適職なんでしょうかね。
そうなるとM&Aも今のような形でなく、もっとグンと入り込めそうな予感がしています。不動産?や結婚相談所?仲介と名の付くものは向いているのかな…。

そして野球選手にとどまらず、今年は新しい形のアウトプレースメントに関わっていきたいと考えています。
間違いなく私が在籍していた生命保険業界、そしてそれに留まらず多くの金融機関や大企業には私の世代、ミドルシニア世代は経営の重荷になっているに違いありません。
サラリーマン根性が染みついていて新しいことに挑戦できない?イヤイヤただ少し忘れているだけできっと磨けばダイヤになるはず。

彼らの大企業で働いたその知識と経験は中小零細事業者の経営に大きく役立つはずです。
ただでさえ後継者がいない、社長の相談相手がいない、そんな環境下で彼らの活躍する姿がこの目に浮かぶのは私だけでしょうか。

彼らには話をしなければなりません。
「中小零細に行ったら年収が下がる」イヤイヤ、もうそういう時代なのわかってるでしょ!?そのまま居たってどんどん下がる一方かもよ。
「福利厚生とか待遇が心配」イヤイヤ、今までが恵まれすぎだよ!そんなのなくても全然生活に困らないから。
「経営に携わるなんて重荷に違いない」イヤイヤ、その経験は中小零細に行けば大きな財産でもう1回勇ましく働くことができると思うんだよね。

働き方改革、進むことがないと思ったこの言葉がコロナによって加速度的に進みました。
多くの企業が兼業、副業を認め始めているのは、追い風しかありません。

地方創生、なかなか進まないこの課題にテレワークで仕事ができるなら生まれ故郷に戻る、そんな絵も描けるのではないでしょうか。

ミドルシニア世代、54歳になった私もどっぷりとど真ん中にいます。
まだまだ働けるのはもちろん、いろんな足かせが外れたらいい味出すと思うんです。

中小零細事業者、問題意識のない、戦略思考のない経営者が古の経営を貫くことで、数多中小企業がその命を失っています。
そういう経営者は早く退いてその貴重な資源を新しい手で再生すべきだと思うのです。

私の2021年のマーケティング戦略は地方創生×中小企業×ミドルシニア×働き方改革×野球選手、無茶苦茶尖がってませんか(笑)

この実現のために様々な準備をする年になると思います。
地方の市場を開拓していくための戦術、ミドルシニアを発掘育成するための戦術、ここに全精力をぶつけていこうと考えています。

今までの仕事は?もちろん同じく全力でやりますよ!?
気力体力は万全、財力もコロナ融資で少し上がりました(苦笑)
とは言うものの、この秋に感じたことは一人でできる限界点に来てるということ。
雇われ会社を畳んだ経験から『3年は人はいらない』、そうなんです、その3年が終わったので人を確保しようかと思います。
社員?いや私が自ら生み出した委託契約型があるじゃないですか!!??
経営者を育てること、これも私がやりたい仕事なんです。

なのでその先に見えるのは永守さんのように経営者を輩出する学校を創設すること?
バリキャリ営業マンを経営者にすること?
そのためにもずっと言い訳して進んでいない出版の企画書作ることがこの三が日の一番の仕事だと思って逃げません。

そう考えると病気にもなっていられない、休みを取ってる時間もない、やることたくさん。
すごく幸せな私は、月一平日ゴルフを楽しみながら、そしていつの日かまたアーヌエヌエの国にノンビリ行ける日を夢見ながら、らしさ爆発で今年もガンバりmuscle。

今年もどうぞご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます

つづく